ヴィッレヴァッラの世界

遊び心いっぱいのヴィッレヴァッラの世界へようこそ!

ヴィッレヴァッラは、2005年にスウェーデン第2の都市ヨーテボリで誕生した子供服ブランドです。 スウェーデン語で「混ざり合う」を意味するヴィッレヴァッラは、色とデザインを混ぜ合わせて、 自由な着こなしが楽しめるコレクションを展開。 子供たちがHAPPYになる「デザイン」「遊び心」「着心地」にこだわったものづくりを目指しています。

[ STORY ] 創立者でデザイナーのハンナ・ホーカンソン(Hanna Håkansson)は、 1999年に子供服のショップをオープン。
当時、彼女はこのマーケットに「日常にも特別な日にも使える、ユニセックスで楽しいデザイン」の洋服が必要であると考えて、自身のブランド「ヴィッレヴァッラ」を立ち上げました。 2005年に初のコレクションを発表しました。着心地が良く、デザイン性に優れ、 個性的な着こなしが可能なこのコレクションは、大きな成功を収めました。

[ 取り扱い店舗 ] 現在15カ国200カ所以上のショップで展開。スウェーデン国内では、 直営コンセプトストア8店舗、取扱いショップは50カ所以上。そして2015年に日本市場への参入を果たしました。

Happyな洋服をHappyな子供たちに!

TOXIC-FREE & ORGANIC
子供にも環境にも配慮した製品を提供するため、 設立当時から有害物質検査済の認証「OEKO-TEX® Standard 100」を持つ素材を採用し、 さらに第三者検査機関を通じて、有害物質が含まれていない素材 (TOXIC-FREE)であるかを 徹底的に調査した上で製品作りを行っています。
またほぼ全てのコレクションに、オーガニックコットンを使用しています。
WE HELP
厳選した様々な支援機関を通じて、商品や売り上げの一部を寄付し、子供たちへ本を送るプロジェクト「Läs för barn」の資金援助を行っています。
さらにコンセプトストアでは「Hjärtegryn」のポストカードを販売し、その売り上げはスウェーデンのルンドにある心臓疾患の幼児専門病院に贈られます。
「Hjärtegryn」は2009年に発足した非営利団体で、心臓病の子を持つ母ヘレナ・ノゴードによって設立されました。
SOCIAL RESPONSIBILITY
ヴィッレヴァッラの製品を製造する各工場では「BCSI」または「Edex-code」の取得がされています。これは従業員の倫理的な労働環境基準を保証するものです。
AWARDS
ヴィッレヴァッラはスウェーデンのビジネス新聞「Dagen’s Industri」の高成長企業に与えられる名誉ある賞「Gazelle-award」を2010年、2011年、2012年、2013年に受賞しています。